トラックのおもちゃ

アパレルの検品は大切|質のいい洋服を顧客に届ける

小口の配送に活用

運転

荷物運搬用の軽車両を使って個人事業主などが配達業務を行う軽貨物は、大手運送業者も下請けに利用しています。軽貨物には通常の個人宅配や法人宅配に加え、ルート配送やスポット便など便利なサービスが存在します。軽貨物を上手に活用すれば緊急配達の需要にも迅速対応できるため、ネット通販事業の安定運用に役立ちます。

即日配送の難しさ

トラックのおもちゃ

緊急配送業は、人員の配置が難しい業種です。バイク便などの大手では、大勢のライダーを確保しているので、すぐに対応してくれます。ライダーの登録料は、運賃への上乗せとなります。そのため、運賃は高額になることがありますが、早急に届けてもらえます。

欲しい物はすぐ入手しよう

トラック

注文した商品がその日のうちに届けられる当日配送がネットショップなどで好評となっています。その特長は即日配送のほか、バイクの活用、安価な価格などです。サービス内容としては近隣地域への短時間配送、梱包作業の請け負いがあります。

不良品を探し出す作業

服

針の混入を防ぐ作業

アパレル業界の検品作業というと、実は多くのことを指しています。最近では海外で多くの衣類が縫製されています。国内で商品を販売するためには、日本国内の基準に合っているかを確認する必要があります。アパレル製品の検品作業は、大きく分けて二つあります。ひとつは、縫製のほつれや糸切れ、生地の汚れや織キズ、ボタンの有無やファスナー部分の破損などがあります。また、仕様書通りに製品が作られているか、各サイズの寸法採寸も行われます。これらの作業は、不良品が混じっていないかどうかを確認する検品作業で、人の目視によって行われます。もう一つの検品作業は、縫製段階で使用されるミシン針・縫い針・マチ針が混入していたり、折れた破片が残っていないかの確認作業です。これは検針器と呼ばれる機械を使って行われます。アパレル製品は形になった後も、店頭に並ぶ前にこのような検品作業を行っています。こうした作業を行うことで、不良品が店頭に並んでしまうことを防ぐことが出来ます。顧客からのクレームを減らしたり、メーカーの信頼性を確保するための大切な作業なのです。また、アパレル製品に付けられる値札等の商品タグが違っていた場合、つけ直しをしたり、箱に入っている製品の数と伝票数に差がないかの確認作業を行うこともあります。最近では、こうした検品作業と仕分け、ピッキング作業を物流センターで同時に行うことが増えています。物流センターで行うことで、海外から荷物が入ってから出荷までの時間を、短縮することが出来、早く店頭に並べることが出来るのです。