段ボール

アパレルの検品は大切|質のいい洋服を顧客に届ける

即日配送の難しさ

トラックのおもちゃ

これまでに、緊急配送を謳ったサービスは幾つもありました。しかし、緊急配送を売りにしたサービスの中には、半年ほどでサービスを取りやめた所もあります。記憶に新しいところでは、同一県内であれば、3時間以内で届けてくれるサービスというものもありましたが、受け継ぎ便の問題で廃止となりました。この事例は、緊急配送の問題点をよく表しています。緊急配送は、人員の配置が上手く行かないとできないサービスです。そのため、現在緊急配送サービスを行っている会社は、多くの人員を確保しています。バイク便などの大手は、常に動けるライダーを大勢登録しています。ライダーは事務所に常駐している訳ではなく、それぞれの拠点で待機しています。そして、拠点から近い顧客の依頼があった時に、いつでも動けるように待機しているのです。時には全く依頼が来ない場合もありますが、ライダーに対しての登録料は支払われます。そして、その費用は全て運賃に上乗せされます。バイク便を頼んで、高額と感じた人も多いことでしょう。しかし、だからこそ早急に荷物を届けてもらうことが可能となっているのです。一方、緊急性が低い即日配送は、もっと安く請け負ってくれる所があります。便利屋などで車での運送を請け負ってくれる会社では、運賃均一制を指定しているので、もっと安価に頼むことができるので、用途や緊急性の有無に応じて選択しましょう。但し、人員の都合や時期によっては、受けてもらえない場合もあるので、まずは問い合わせてみることが大切です。